論文(査読有)

(国際誌では姓名を逆転させTAKAFUMI Hinoで執筆)

28. Agetsuma N, Agetsuma-Yanagihara Y, Takafumi H, Nakaji T. (in press) Plant Constituents Affecting Food Selection by Sika Deer. Journal of Wildlife Management.

27. 稲富佳洋, 日野貴文, 島村崇志, 長雄一, 宇野裕之, 吉田剛司 (2018) 釧路湿原国立公園の異なる植生タイプにおけるニホンジカの採食の影響評価. 湿地研究, 8, 17-32.

26. 金子命, 手塚優人, 保原達, 日野貴文, 中谷暢丈, 稲富佳洋, 島村崇志, 宇野裕之, 吉田剛司 (2018) 釧路湿原における土壌栄養塩の植生タイプによる違い. 湿地研究, 8, 45-52.

25. Takafumi H, Kamii T, Murai T, Yoshida R, Sato A, Tachiki Y, Akamatsu R, and Yoshida T. (2017). Seasonal and year-round use of the Kushiro Wetland, Hokkaido, Japan by sika deer (Cervus nippon yesoensis). PeerJ 5: e3869.

24. 日野貴文, 石﨑俊博, 外山雅大, 佐藤瑞奈, 吉田剛司. (2016) エゾシカ Cervus nippon yesoensis)によるハマナス(Rosa rugosa)への採食影響-野付風蓮道立自然公園春国岱地区の事例-. 水利科学 60: 94-108.

23. 日野貴文, 榊葵, 宮木雅美, 吉田剛司. (2016) 高密度のエゾシカがネズミ類の生息に及ぼす影響-長期間高密度状態の洞爺湖中島の事例-. 森林防疫 65: 3-8.

22. 寺尾愛也, 日野貴文, 鈴木正嗣, 近藤誠司, 吉田剛司. (2016) 野生動物管理手法としての道路での銃器を用いた捕獲―法制度的観点からの課題と展望―. 野生生物と社会 3: 41-50.

21. 赤羽俊亮, 日野貴文, 吉田剛司. (2016) エゾシカの高密度化に対するマルハナバチ群集の応答. 森林野生動物研究会誌 41: 1-9. 

20. Takafumi H, Matsumoto A, Aotani K, Yoshida T. (2015) The cross-ecosystem impact of deer on an endangered submerged macrophyte, Ranunculus nipponicus var. submersus. Global Ecology and Conservation 4: 581-588.

19. 日野貴文, 寺尾愛也, 鈴木正嗣, 近藤誠司, 吉田剛司. (2015) シカ管理手法としての道路での銃器を用いた捕獲: 国道の一時封鎖を伴う捕獲の試行. 野生生物と社会 2: 23-35.

18. 小野司, 日野貴文, 宇野裕之, 明石信廣, 立木靖之, 吉田剛司. (2015) 森林 GIS を活用したエゾシカ捕獲のための囲い罠及び箱罠の設置適地選定手法の検討. 森林野生動物研究会誌 40: 15-20.

17. 寺尾愛也, 日野貴文, 吉田剛司. (2014) 科学的なシカ交通事故対策のための事故データの体系化: 各国の先進事例と日本の展望. 野生生物と社会 2: 1-10.

16. 赤羽俊亮, 日野貴文, 吉田剛司. (2014) エゾシカの高密度化が食糞性コガネムシ群集に与える影響. 日本応用動物昆虫学会誌 58: 269-274.

15. 山本さつき, 鈴木馨, 松浦友紀子, 伊吾田 宏正, 日野貴文, 高橋裕史, 東谷宗光, 池田敬, 吉田剛司, 鈴木正嗣, 梶光一. (2013) ニホンジカ(Cervus nippon)における捕獲に伴うストレスの生理学的評価. 哺乳類科学 53: 321-329.

14. Aiba M, Katabuchi M, Takafumi H, Matsuzaki S-i S, Sasaki T, Hiura T. (2013) Robustness of trait distribution metrics for community assembly studies under the uncertainties of assembly processes. Ecology 94: 2873-2885.

13. Hanya G, Fuse M, Aiba S i, Takafumi H, Tsujino R, Agetsuma N, Chapman A C. (2012) Ecosystem impacts of folivory and frugivory by Japanese macaques in two temperate forests in Yakushima. American Journal of Primatology.

12. Aiba M, Takafumi H, Hiura T. (2012) Interspecific differences in determinants of plant species distribution and the relationships with functional traits. Journal of Ecology 100: 950-957.

11. Hanya G, Menard N, Qarro M, Ibn Tattou M, Fuse M, Vallet D, Yamada A, Go M, Takafumi H, Tsujino R, Agetsuma N, Wada K. (2011) Dietary adaptations of temperate primates: comparisons of Japanese and Barbary macaques. Primates 52: 187-198.

10. Agetsuma N, Agetuma-Yanagihara Y, Takafumi H. (2011) Autumn Long-distance Movements of Male Japanese Sika deer Cervus nippon yesoensis in Western Hokkaido, Japan. Eurasian Journal of Forest Research 14: 13-19.

9. Agetsuma N, Agetsuma-Yanagihara Y, Takafumi H. (2011) Food habits of Japanese deer in an evergreen forest: Litter-feeding deer. Mammalian Biology 76: 201-207.

8. 宮崎祐子, 大西尚樹, 日野貴文, 日浦勉. (2010) 開花特性と遺伝構造が示すササ類(オモエザサ)の非一回繁殖性. 日本生態学会誌 60: 73-79.

7. Takafumi H, Kawase S, Nakamura M, Hiura T. (2010) Herbivory in canopy gaps created by a typhoon varies by understory plant leaf phenology. Ecological Entomology 35: 576-585.

6. Takafumi H, Hiura T. (2009) Effects of disturbance history and environmental factors on the diversity and productivity of understory vegetation in a cool-temperate forest in Japan. Forest Ecology and Management 257: 843-857.

5. Miyazaki Y, Ohnishi N, Takafumi H, Hiura T. (2009) Genets of dwarf bamboo do not die after one flowering event: evidence from genetic structure and flowering pattern. Journal of Plant Research 122: 523-528.

4. Hirao T, Murakami M, Iwamoto J, Takafumi H, Oguma H. (2008) Scale-dependent effects of windthrow disturbance on forest arthropod communities. Ecological Research 23: 189-196.

3. 揚妻直樹, 日野貴文, 奥山悟, 及川幸雄, 奥田篤志, 佐藤智明, 本前忠幸, 三好等, 汲川正次, 石井正, 市川一, 浪花彰彦, 鷹西俊和, 柳田智幸, 有働裕幸, 青井俊樹. (2007) 西北海道・胆振地方におけるエゾシカの再定着過程. 北海道大学演習林研究報告 64: 1-21.

2. Hanya G, Kiyono M, Takafumi H, Tsujino R, Agetsuma N. (2007) Mature leaf selection of Japanese macaques: effects of availability and chemical content. Journal of Zoology 273: 140-147. 

1. Tsujino R, Takafumi H, Agetsuma N, Yumoto T. (2006) Variation in tree growth, mortality and recruitment among topographic positions in a warm temperate forest. Journal of Vegetation Science 17: 281-290.


論文(査読なし)

8.  白鳥聖也, 中谷(細田)祥子, 上原裕世, 更科美帆, 伊吾田宏正, 宮木雅美, 松山周平, 中谷暢丈, 馬場賢治, 日野貴文, 窪田千穂, 杉浦晃介, 吉田磨, 吉田剛司 酪農学園大学が実践した洞爺湖町における自然環境保全に関する活動報告-20132017. 酪農学園大学紀要, 42, 147 - 154.

 

7. 吉村暢彦,日野貴文,金子正美,星野仏方,小川健太.(2015)REDD+ 推進にむけた森林リモートセンシング技術研修の設計と実施:酪農学園大学での研究事例から.酪農学園大学紀要 40:17-21.

 

6. 石下亜衣紗,髙杉麻莉子,日野貴文,吉田遼人,上原裕世,吉田剛司.(2015)帯広の森における鳥類ラインセンサスによる記録.酪農学園大学紀要 40:17-21.

 

5. 日野貴文,窪田千穂,杉浦晃介,金子正美.(2014)大学キャンパスにおける環境保全活動と連携した実践教育とテキスト作成.酪農学園大学紀要 38:119-126.

 

4. 吉田剛司,窪田千穂,杉浦晃介,日野貴文,上原裕世,室田欣弘,宮木雅美,伊吾田宏正,中谷暢丈,吉田麿.(2013)酪農学園大学が実践した洞爺湖町における自然環境保全に関する活動報告.酪農学園大学紀要 38:29-35.

 

3. 篠原由香,吉田剛司,日野貴文,上畑華菜,伊吾田宏正,赤坂猛,上野真由美,稲富佳洋,宇野裕之,濱田革,谷口佳昭,赤間隆.(2012)可猟区におけるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の日周行動パターンとブラインド狙撃に反応した行動変化 -道有林釧路管区内の施業地における事例-.酪農学園大学紀要 36:55-60.

 

2. 村井拓成,日野貴文,吉田剛司.(2012)貝殻を用いた餌マーキング調査によるエゾシカ(Cervus nippon yesoensis)の行動範囲の推定.酪農学園紀要 37:49-53.

 

1. 日野貴文,寺尾愛也,吉田剛司.(2012)交通量の多い国道におけるエゾシカライトセンサスの検討.野生生物と交通研究発表会講演論文集 11:61-65.


その他書きもの

6. 赤羽俊亮,日野貴文,吉田剛司.(2016)エゾシカの高密度化が昆虫採集におよぼす影響.森林防疫 65:9-16.

 

5. 明石信廣,日野貴文,安藤正規,飯島勇人.(2015)森林におけるシカ問題の解決に向けて -被害・影響の把握から被害対策-.森林技術 878:30-31.

 

4. 日野貴文,吉田剛司.(2014)ミニシンポジウム記録「国立公園・鳥獣保護区におけるシカ管理の川上から川下まで-統合的なシカ管理体制の構築-」.哺乳類科学 54:171-174.

 

3. 日野貴文(2009)クマの食べ物春夏秋冬.月刊「かがくのとも」2009年8月号(通巻485号)折り込み付録.福音館書店.

 

2. 青山智彦,日野貴文.(2006)ヒグマと人の関わりをめぐって -日本のヒグマを追う-北大ヒグマ研究グループによる近年の活動から.ビオストーリー 5:23-31.

 

1. 日浦勉,奥田篤志,奥山悟,日野貴文.(2005)2004年18号台風の苫小牧研究林における被害と今後の課題.北方森林保全技術 23:24-26.


受賞歴

5. 【Poster Award】Haugen M,Takafumi H,Ogawa K,Yoshimura N,Yoshida T.”UAV Monitoring as a Non-invasive Tool for Wildlife Management in Inaccessible      Wetland Ecosystems",the Ⅴth International Wildlife Management Congres (IWMC2015),Sapporo Convention Center,Sapporo,Japan,July 26-30,2015.

 

4. 【Primates 2014 Most-Cited Paper Award】Hanya G,Menard N,Qarro M,Tattou MI,Fuse M,Vallet D,Yamada Y,Go M,Takafumi H,Tsujino R,Agetsuma N,Wada K (2011)Dietary adaptation of temperate primates:comparisons of Japanese and Barbary macaques.Primates 52:179-186.

 

3. 【優秀ポスター賞】寺尾愛也,日野貴文,吉田剛司 「体系的なシカ交通事故対策の第一歩 ~統合データベースによる基盤づくりを考える~」「野生生物と社会」学会 第19大会 篠山 2013年11月

 

2. 【優秀ポスター賞】日野貴文,日浦勉「攪乱履歴と現在環境が及ぼす林床植生への影響-伐採と台風の履歴は多様性をどこまで説明できるか?-」第53回日本生態学会大会 新潟2006年3月

 

1. 【優秀ポスター賞】宮崎裕子,大西尚樹,日野貴文,日浦勉「ササは一回繁殖か? -クマイザサ個体群の開花様式-」第53回日本生態学会大会 新潟2006年3月